脅迫状から始まるランサムDDoS攻撃が増加しています。これは、実際にランサムDDoS攻撃を受けたメールサービス事業者の経験談です。脅迫に応じるとどうなるのか?犯人の目的は?詳細についてまとめています

スイスに拠点を置く、メールサービスプロバイダ、ProtonMail は、そもそも活動家や告発者など、身元を隠す必要がある人たちを保護する目的で設立されたサービスでした。しかし、そのProtonMail が、金銭強奪を目的としたハクティビスト、Armada Collective に狙われることとなってしまったのです。

数100Gbpsにも上る大規模な攻撃は、ProtonMail のサービス停止のみならず、その上流のISPに接続されている数千の企業のインターネット接続にも影響が・・・

その時ProtonMail がとった選択は?そしてその結果は?

本ドキュメントは、2015年11月に起こった実際の攻撃を、時系列で説明するとともに、後の検証からわかった攻撃の正体について説明しています。






こちらもオススメ!あわせてよみたい!
DDoS攻撃のすべてがわかる!?

好評ご提供中!

© Radware Ltd. 2016 All Right Reserved


攻撃でインターネットが停止!

大規模飽和型攻撃と

メールサービス事業者闘いの記録

ProtonMail が受けた攻撃の詳細は

こちらからダウンロード!